• ホーム
  • ジェネリック医薬品が登場して話題を集めている女性用バイアグラ

ジェネリック医薬品が登場して話題を集めている女性用バイアグラ

2020年05月28日
考えている女性

日本の薬局などで売っている薬剤の多くは、国内の製薬メーカーが開発した薬剤です。そのため、より効果的な薬剤が多い一方で、価格がどうしても高くなる傾向にあります。女性用バイアグラの場合も同様に、国内で病院から処方されるなどして購入できるバイアグラは値段が高く、より多くの費用がかかってしまいます。そんな中で話題を集めているのが、ジェネリック医薬品として登場した女性用バイアグラです。女性用バイアグラがなぜ人気を集めているのか、それにはさまざまな理由がありますが、やはり効果が期待できる薬剤が増えてきたという点が挙げられます。

女性用バイアグラのジェネリック医薬品は、今までにもいくつか開発されてきていましたが、効果の薄いものが多く信頼性に欠けるものが多かったです。ジェネリック医薬品は基本的に日本国内では出回らないので、あまり注目されてはきませんでした。また、そもそもジェネリック医薬品が開発されるまで先発医薬品の女性用バイアグラは安全性が確保されていなかったので、処方される機会が少なく認知度は低いものとなっていました。

ジェネリック医薬品が注目される決め手になったのは、やはりその価格の安さです。これは女性用バイアグラにかぎらないことですが、後発医薬品であるジェネリック医薬品というのは、特許期間が満了したものと同じような成分の医薬品を開発し、非常に安い値段で売っているもののことをいいます。

国内で処方されるような女性用バイアグラは、保険適用外となるため自由診療として病院側が自由に値段を設定できるようになっています。ですから、定まった値段で購入できるわけではありません。基本的には一錠1,000円ほどですが、高いと2,000円を超えるケースも存在しています。しかし、ジェネリック医薬品の女性用バイアグラは一錠100円で売っていることもあり、高くても一錠1,000円を超えることはあまりないため、非常に安価で入手することが可能です。

従来のものよりも価格の安いバイアグラが注目されるようになったのは、手軽に入手できるという点も関わっています。国内だと診察を受けた後に検査を行い、その人の体質に合わせて医薬品が処方されるため、安全に服用できますが時間や手間もかかってしまうわけです。一方でジェネリック医薬品の場合、個人輸入という形で市販品のように購入することが可能なので、手間をかけずに入手することができます。