• ホーム
  • 媚薬と女性用バイアグラ、2つの違いとその効果についてもっと知りたい!

媚薬と女性用バイアグラ、2つの違いとその効果についてもっと知りたい!

2020年05月13日
黄色のカプセルが乗っているスプーン

性行為を気持ちよく行う目的で使われる女性用バイアグラですが、同じような用途でもよくつかわれているのが媚薬です。日本でも認可されており、一般的に国内の大手通販サイトや一部のコンビニなどでも販売されています。よく似ている2つの製品ですが、一体どこが違うのでしょうか。女性用バイアグラと媚薬の違いとしてまず挙げられるのが、市場に出回っている数です。媚薬は日本国内でも流通しているため、非常に使用者も多くポピュラーなものになっています。一方で女性用バイアグラは、厚生労働省などによって個人輸入は認可されているものの、国内での販売などには法律上さまざまな課題があるため、結果として国内では流通していません。似たような効果がある2つですが、入手機会には大きな違いがあるわけです。

また、国内での流通のみでなくその値段にも違いがあります。媚薬の場合、安いもので1,000円台ですが、高いものになると1,0000円を超える高級なブランドのものまで存在しており、一つの製品として確立された値段となっています。一方で、女性用バイアグラは錠剤タイプのものだと安くて一錠100円程度です。高級な部類のものであっても値段が5,000円を超えることはほとんどないので、媚薬に比べると非常に安い価格に設定されているものが数多くあります。同じような効果が得られるとすれば、バイアグラの方がお得というふうにも見えるといえるでしょう。

気になるのが媚薬と女性用バイアグラの効果の違いですが、実は全くもって違う効果です。この2つの製品を使用する目的として、性行為でより良い性的快感を得たいというものが多く、その点でいえば2つはほとんど同じような用途で使用されます。しかし、女性用バイアグラの場合は、血流を活発にし、感度を高め感じやすくする効果が主なものです。一方で媚薬は性的欲求を増加させる効果が強く、お互いに性行為のことを強く意識するために使われます。

高い媚薬によっては性的欲求を高めると同時に、性行為の最中に感じやすくさせる効果があるものも存在しているので、女性用バイアグラの上位互換となっている場合もあります。そもそも、女性用バイアグラをはじめバイアグラはEDや不感症などの病気を治療するために開発されているものです。根本的に性行為をより円滑に気持ちよくするために開発された媚薬とは違い、性的欲求を高めるような効果がない点は仕方がないといえるかもしれません。