• ホーム
  • 費用を抑えたいのであればジェネリックのED治療薬を利用すること

費用を抑えたいのであればジェネリックのED治療薬を利用すること

2020年06月12日

EDを治療する際、多くの方が泌尿器科などの病院を受診します。ですが、実は病院でそれらの診察をする際は保険適用外の診療である自由診療という形になり、病院側が自由に治療薬の料金を決められるようになっています。病院によっては非常に安い費用で診療してもらえることも少なくありませんが、一方で高額な医療費を目的として治療費を高額に設定している病院も存在しているわけです。

なぜEDの治療薬を国内で入手する際に高くなるのか、それは治療薬の副作用に関する問題が関わっています。ED治療薬は体内に直接作用する医薬品なので、当然ながら服用する人の体質によっては体が拒絶反応を起こす危険性も少なくありません。病院ではそれらを専門的に診察していく必要があるため、どうしても値段が高くなってしまうわけです。

どうしても費用を抑えたいという方は、ジェネリック医薬品のED治療薬を購入するのが良いでしょう。ジェネリック医薬品は後発医薬品として、非常に安い値段で売られています。例えば、国内では10,000円ほどで売られている医薬品が、ジェネリック医薬品の場合は3,000円程度で購入することが可能となっています。費用を抑える目的であれば、かなりの節約を狙える医薬品なので、積極的に購入すべきものだといえるでしょう。

ジェネリック医薬品は日本ではほとんど流通していないので、主な入手方法は海外からの個人輸入となります。直接個人輸入するのも良いですが、送料の計算など面倒なことも多いので、基本的には個人輸入代行サービスなどを利用して購入する方法が手軽です。

また、ジェネリック医薬品のED治療薬を利用する上で、いくつか注意しなければならない点もあります。まず、ジェネリック医薬品は海外の通販サイトなどで普通に売られているものですが、すべてが正常な医薬品というわけではありません。もちろん、ほとんどのものがED治療薬として効果があるものですが、中には偽物や極端に効果が薄く副作用ばかり現れてしまうような製品まで存在しています。もし偽物などを購入してしまっても、個人輸入の場合は店舗などの補償を受けることもできないので、すべて自己責任になってしまうわけです。

さらに、病院での診察を受けないと、体質に合わない医薬品を選んでしまう可能性もあります。場合によってはジェネリック医薬品の副作用で命に係わる場合もあるため、ED治療薬を服用する前に病院で検査だけは受けておくのが良いでしょう。